egao1

はじめまして。こんにちは。笑顔写真家のかとうゆういちです。今日からコラム『笑顔の配達便』を連載させていただくことになりました。

僕は生まれも育ちも三条市で、田んぼと五十嵐川の風景と共に成長しました。新潟大学卒業後すぐに『日本一周 笑顔の旅』と題し、全国各地の地域を訪ね歩き、「笑顔のある風景」にピントを合わせ、シャッターを押し続けています。これまでの撮影地は17都道府県32地域。そんな旅もかれこれ6年目に突入しました。
これから皆さまにあらゆる地域から、手紙を送るように、コラムを綴っていきたいと思っています。今日お届けしたいのは、僕にとって大事なスタートを切ることになった出会いです。それでは、どうぞ。

 

僕には、「笑顔写真家」になるキッカケとなった小さな恩人たちがいる。

僕がまだ大学4年生の春、関西の方へ旅に出ていた時のこと。兵庫県のとある河原道を散歩していると、きゃっきゃと楽しそうな声が遠くから聞こえてきた。声がする方を見ると、河原に架かったこいのぼりを見上げて、こどもたちがなんとも楽しそうにはしゃいでいるのが見えた。近くにいたお母さんに許可をもらって、僕も混ぜてもらい、一緒になって遊ぶことに。

お母さんに聞くと二人はまだ2歳半の双子で、名前を「まりん」ちゃんと「きょうじ」君と教えてもらった。二人とも言葉はあまり通じないけれど、ブランコやおにごっこをするなかで、一気に心を通わせていった。

そうして遊んでいる中で見せてくれる二人の表情はまさに天使のよう。持っていたカメラを向けると、まりんちゃんが満面の笑顔をこちらにくれた。シャッターを押した。ぞわっと鳥肌が立ち、心に雷が落ちた。『この写真を見た人、みんな笑顔になっちゃうんじゃないかな』と素直に思った。

日が暮れ、まりんちゃん、きょうじ君とバイバイしても、僕の心は高鳴りっぱなしだった。

胸いっぱいに広がっていく幸せな気持ち。笑顔はちゃんと心に伝わっていくんだと実感した日だった。

そうして僕は、「笑顔写真家」と名乗ることを心に決めた。笑顔で笑顔をつなげていきたい。心が痛むニュースが多い中で、日常にある笑顔を届けていきたい。そう強く気づかせてくれたのは、他でもない、まりんちゃんときょうじ君がくれた笑顔のおかげ。僕の人生を突き動かしてくれた、小さな恩人たちとの出会いだった。

(2015年1月6日 掲載)

======================

★8/24 えがお先生公式HPリニューアルOPEN!
egaosensei koushiki HP

★ママ・パパの写真・カメラに関するお悩み相談 受付中です。
お悩み相談バナー

以下、えがお先生の公式SNSとなっています。日頃の動きやイベント情報をどこよりもタイムリーに発信中!皆さん、よかったらフォローしてくださいネ。

えがお先生Facebookページ
http://www.facebook.com/egaosensei/

えがお先生Twitter
https://twitter.com/egao_shashinka

えがお先生Instagram
https://www.instagram.com/egaosensei/

※当サイトの写真を許可なく複製・転載・流用・複写等することはご遠慮ください。


Written by egao-design

1 Comment

Mr WordPress

これはコメントです。
コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

Comments are closed.