egao6

空の青さが際立つ冬空の下。京都市立梅小路小学校には土曜日にも関わらず、「アハハハ」と子どもたちの何とも楽しそうな笑い声がこだましている。今日は「伝承遊び」の授業の日で、地域の方々が先生となり、子どもたちが昔ながらの遊びで盛り上がっている。

そんな中、ひときわ活気のあるコーナーがある。「けん玉トリッカーズ」のけん玉体験コーナーだ。けん玉トリッカーズは、関西生まれの若者3人組で結成されたけん玉エンターテインメント集団。リーダーのじゅんぺいこと村上純平さん(22)=写真中央=は保育士2年目。
大ちゃんこと三品大心さん(21)=写真右=は大学院試験の勉強真っただ中。そして宮ちゃんこと宮原広平さん(22)=写真左=は管理栄養士を目指して日々奮闘している。

ザ・ドリフターズの音楽に乗せて、次々と大技を繰り出していくショータイムに、子どもたちは大興奮で目を輝かせる。思わず立ち上がる子もいるほどだ。関西らしくボケの連続で会場を楽しく引き込み、失敗してもお手のもの。会場を味方にし、子どもたちと一緒になって技を成功するまでチャレンジし続ける。途中で諦めないその姿勢は子どもたちにも伝染し、そこにはある種の共同体験が生まれているように見えた。

宮ちゃんは「みんなを笑顔の渦に巻き込んでいきたい」と話してくれた。じゅんぺいは「また見たいという子どもたちの声に応えたい。何げない約束を守ったら、子どもたちもきっとうれしいから」と笑みをこぼす。大ちゃんは「けん玉を通じて、おじいちゃん、おばあちゃんや海外の人も楽しんでもらって、輪を広げていきたい」と、3人それぞれの夢を語ってくれた。

授業が終わり、子どもたちに取り囲まれてサインを求められ、「また来年ね!」とハグされている彼ら。けん玉トリッカーズが放つ魅惑的なパフォーマンスはこれから海を越えて、世界へと羽ばたいていく日が来るかもしれない。その時にはぜひ僕も現地に駆け付けて、彼らの勇ましい姿にシャッターを押していたいと夢が膨らんでいる。

(2015年3月17日 掲載)

======================

★8/24 えがお先生公式HPリニューアルOPEN!
egaosensei koushiki HP

★ママ・パパの写真・カメラに関するお悩み相談 受付中です。
お悩み相談バナー

以下、えがお先生の公式SNSとなっています。日頃の動きやイベント情報をどこよりもタイムリーに発信中!皆さん、よかったらフォローしてくださいネ。

えがお先生Facebookページ
http://www.facebook.com/egaosensei/

えがお先生Twitter
https://twitter.com/egao_shashinka

えがお先生Instagram
https://www.instagram.com/egaosensei/

※当サイトの写真を許可なく複製・転載・流用・複写等することはご遠慮ください。


Written by egao-design