egao19

2009年、それは僕が京都駅近くの梅小路公園で笑顔写真展を開いていたときのことだった。わいわいがやがやと若い集団が横を通り過ぎる。そこで足を止めてくれたのが上田知恵さん、当時はまだ20歳の保育士を目指す専門学生だった。

「うわあ、すてきやなぁ!この写真、すっごい好き」初対面ながら元気いっぱいに接してくれる知恵さん。本人曰く、人見知りだというのだが、果たして本当だろうか。さて、こうした出会いで、知恵さんは『日本全国 笑顔の旅』を応援してくれる仲間となってくれた。

そんな知恵さんが、今年4月に京都から東北の宮城県石巻市に移住した。知恵さんは昨年、「こども∞(むげん)感ぱにー」という被災地のこどもたちの笑顔を増やすためにこどもたちの遊び場づくりを行う団体に出会った。それから1年間京都と石巻を行き来しながら活動に加わるようになり、ついに団体に就職し、移住という選択をした。

僕は、『今度はこちらが応援する番だ!』と思い、先日石巻へ向かった。知恵さんがどんな風にこどもたちと接し、どんな遊び場を作っているのだろうと、道中心を踊らせていた。そしてそこには以前よりもさらにたくましく、輝く知恵さんの姿があった。

「ここは、みんなで力を合わせて進化し続けていく遊び場。毎日遊び場の表情が変わっていくねんで」と、イキイキと話してくれるまなざしは、何の迷いもない。

「ここに来たきっかけは、被災地だからという理由やったけど、今ではそういうことを抜きにして、ここにいたい。地域の人たちと一緒に目の前の子どもたちを見守って、みんなで育てていきたい。子どもが笑顔やと、大人も笑ってくれるしね」

知恵さんは「給料は前の職場よりも安いけどね」と大きく笑った。この満開の笑顔こそがこどもたちの心を和ませているのだろう。石巻でたくましく成長していく彼女に、またシャッターを切る日が楽しみで仕方ない。

(新潟日報2015年9月1日 掲載)

======================

★8/24 えがお先生公式HPリニューアルOPEN!
egaosensei koushiki HP

★ママ・パパの写真・カメラに関するお悩み相談 受付中です。
お悩み相談バナー

以下、えがお先生の公式SNSとなっています。日頃の動きやイベント情報をどこよりもタイムリーに発信中!皆さん、よかったらフォローしてくださいネ。

えがお先生Facebookページ
http://www.facebook.com/egaosensei/

えがお先生Twitter
https://twitter.com/egao_shashinka

えがお先生Instagram
https://www.instagram.com/egaosensei/

※当サイトの写真を許可なく複製・転載・流用・複写等することはご遠慮ください。


Written by egao-design