egao26

今回は最近よく名前を目にする「岡村翼」さんという現役大学生のシンガー・ソングライターに会いに行った。新潟大学教育学部4年生。テレビ局の番組のテーマソングを作ったことで、話題となっている。

今時のTwitterを駆使して連絡を取り合い、新潟駅の改札で待ち合わせした。「どんな雰囲気を身にまとった青年だろうか」と心はわくわくしている。ホームから彼が現れ、握手してくれた。真っ直ぐな瞳だなとすぐに思った。

近くのカフェに入り、お話を聞かせてもらうことに。

「最初に曲を書いたのは高校一年生の時です。卒業生に向けて、一つの歌を学年全体で歌おうという企画が立ち上がりまして。」

曲作りの担当に任命された翼君が最初に取った行動が面白かった。「学年全員に紙を配って、先輩に向けての手紙を書いてもらったんです。そして約180人分の手紙が集まりました」そこから一つひとつ歌に使えそうなフレーズや共通項を探し、一曲を作り上げていったという。

そして卒業式当日、目の前で驚くべき光景が広がった。

「先輩が号泣してくれたんです。“届いた!”って瞬間でした」

翼君が歌を作るとき、それは心が動く出会いのときだ。「誰かと出会って圧倒され、自分自身の存在が揺らいだ瞬間、歌を書きたくなるんです」

1枚の写真がキッカケとなった曲作りのエピソードも教えてくれた。

「友人のブログに夕日の写真が載っていて、鳥肌が立ったんです。一気に高校時代の記憶がよみがえってきて。その衝撃で歌を書いてみようと思いました」

大学3年生の時にはテレビ局主催のオーディション番組を勝ち進み、見事グランプリを受賞。卒業後はシンガー・ソングライターとして自立していくことが目標だ。新潟県内各地で定期的にライブも行っている。ぜひ一度、翼君の真っすぐな歌を聴いてみてほしい。

お話を聞かせてもらっている時間、翼君の作品に込める熱量が飛び火し、私自身にはとても刺激的な時間であった。

(新潟日報2015年12月1日 掲載)

======================

★8/24 えがお先生公式HPリニューアルOPEN!
egaosensei koushiki HP

★ママ・パパの写真・カメラに関するお悩み相談 受付中です。
お悩み相談バナー

以下、えがお先生の公式SNSとなっています。日頃の動きやイベント情報をどこよりもタイムリーに発信中!皆さん、よかったらフォローしてくださいネ。

えがお先生Facebookページ
http://www.facebook.com/egaosensei/

えがお先生Twitter
https://twitter.com/egao_shashinka

えがお先生Instagram
https://www.instagram.com/egaosensei/

※当サイトの写真を許可なく複製・転載・流用・複写等することはご遠慮ください。


Written by egao-design