egao31

寒い冬がやってきました。みなさん、いかがお過ごしでしょう? 冬真っただ中だからこそ、心があたたかくなるドキュメントを今日もお届けします。

その年は例年よりも積雪が多く、上越市高田では2メートルを越える高さまで積もっていた。2010年2月のことである。「雪国にこそ、大切な営みがある」と予想し、上越市へと向かった。さあ、これからどんな取材になるだろうと不安な気持ちは確かにあった。滞在1日目は大雪警報が出ていることもあって、ほとんど人も歩いていなかった。

そして、次の日。雪もやみ、高田の街中を散策することにした。歩いていると、楽しそうに雪かきをしている人が見えた。鼻歌も聞こえてくる。

「こんにちは!」と声を掛けると、「あら。こんにちは」と明るい声が返ってきた。高田駅からまっすぐ延びた県道沿いにある「米やのコシヒカリ弁当」の竹田千晴さんだった。

竹田さんは、地域のママたちが楽しく働ける場をつくってあげたいという気持ちで「コシヒカリ弁当」を経営している、みんなにとってのお母さん的存在の人であった。

「空気が澄んでいて気持ちいいねぇ」と竹田さん。「雪が多くて大変じゃないですか」と尋ねると、「雪は嫌だと思ったことはないな。大変は大変なんだけど、嫌だとか悲しいって言うと、お米が聞いているでしょ」。そう言って、微笑んでくれた。

なんて優しい人なのだろうか。前日までの不安だった私の心に、パッと陽(ひ)が射すような気持ちであった。

写真を撮らせてもらった瞬間、雪の上に咲くバラのように感じた。どんな場所にも、その土地と共に咲く花はある。そのたたずまいや立ち居振る舞いは、なんと美しいことだろう。その年の秋にはお米の収穫祭に私も手伝いに行ったり、上越に行く時には必ずお店へ顔を出したりと、あたたかな交流が始まった。

寒い季節だからこそ、身に染みる人のぬくもり。知らない人でも「こんにちは」と気軽にあいさつしてみるのが、笑顔写真家のオススメである。

(新潟日報2016年2月2日 掲載)

======================

★8/24 えがお先生公式HPリニューアルOPEN!
egaosensei koushiki HP

★ママ・パパの写真・カメラに関するお悩み相談 受付中です。
お悩み相談バナー

以下、えがお先生の公式SNSとなっています。日頃の動きやイベント情報をどこよりもタイムリーに発信中!皆さん、よかったらフォローしてくださいネ。

えがお先生Facebookページ
http://www.facebook.com/egaosensei/

えがお先生Twitter
https://twitter.com/egao_shashinka

えがお先生Instagram
https://www.instagram.com/egaosensei/

※当サイトの写真を許可なく複製・転載・流用・複写等することはご遠慮ください。


Written by egao-design