egao37

「新潟出身の店主さんが新しくオープンした、いい日本酒店が大阪にできたんですよ。一緒に行きませんか?」こちらも新潟出身の日本酒好きな後輩から声を掛けてもらい、お店に伺った。2014年12月のことだ。

店名は「浅野日本酒店」。大阪駅から徒歩15分ほどの場所に建っている。店主さんは、新潟市出身の浅野洋平さん(41)だ。

今回、9日から「新潟フェア」を店舗内で開催していると聞き、再度訪問した。お店の中にはスタンディングバーもあり、その場で日本酒と肴(さかな)をいただくことができる。

「お客さん同士、スタッフとお客さんが交わり、仲良くなれる。そんな人とのつながりまでプロデュースできるのが理想です」

浅野さんはキラリと目を輝かせて、語り出した。

「日本酒って文化の結晶の一つなんですよ。酒蔵があり、人が造り、歴史がある。 『だからうまいんやなぁ』と、お客さんに感じてもらえたら最高ですね!」

話を聞いていくほどに、浅野さんの日本酒への愛情を感じる。

「ここは酒屋なので、お客さんと酒蔵をつなぐ存在でありたいです。お客さんに酒蔵のファンになってもらえたらいいですね」

浅野さんは日本酒の販売会や試飲会にはできるだけ直接行く。お酒がおいしければ、酒蔵の人に声を掛ける。そして酒蔵にも行き、蔵の雰囲気を味わう。そうして思いに共感をし、応援したいと思えば、お店での販売を決めるのだという。「お酒に対して非常に一途(いちず)な人だなぁ」とため息が出るくらいに、感動した。

その生き生きとした様子に「浅野さん、41歳には見えないです。もっとお若いかと思っていました」。

そう言うと、「日本酒を飲んでいるおかげですかね!」と大きく笑った。そのおちゃめさもすてきだ。私は佐渡島で作られた日本酒を購入した。「新潟フェア」は28日までだ。今日は家に帰るのが楽しみだ。この記事を読んでくださっている皆さまに、幸あれ。乾杯!

(新潟日報2016年4月19日 掲載)

======================

★8/24 えがお先生公式HPリニューアルOPEN!
egaosensei koushiki HP

★ママ・パパの写真・カメラに関するお悩み相談 受付中です。
お悩み相談バナー

以下、えがお先生の公式SNSとなっています。日頃の動きやイベント情報をどこよりもタイムリーに発信中!皆さん、よかったらフォローしてくださいネ。

えがお先生Facebookページ
http://www.facebook.com/egaosensei/

えがお先生Twitter
https://twitter.com/egao_shashinka

えがお先生Instagram
https://www.instagram.com/egaosensei/

※当サイトの写真を許可なく複製・転載・流用・複写等することはご遠慮ください。


Written by egao-design